Tiakiaの自転車(バイク)用スマホホルダーが壊れたので買い替え

2020年09月15日 公開
グッズ・レビュー 0
Tiakiaのスマホホルダーが壊れたので、新しく買い替えました。

以前の記事
【Amazon】自転車・バイク用スマホホルダー レビュー【Tiakia】

Tiakiaのスマホホルダーの破損

すごく使いやすくて気に入っていたTiakiaのスマホホルダーですが、使い始めて1年4ヶ月位でしょうか。スマホをセットしようと爪の一つを引っ張ると、4本連動して開くところが一つだけビローンと外れる感じになりました。中を分解してみると、ギアの歯が欠けていました。

Tiakiaスマホホルダーを分解。意外と単純な構造。
IMG_0128_20200915010410d1f.jpg

樹脂製のギアの歯が欠けている。
IMG_0129_20200915010412317.jpg

現在価格でも1700円程度と安いですし、1年程度持てばいいかなと思ってたのでまあこんなもんでしょうか。柔軟性のある4隅のナイロン素材の爪は今でも全く問題なく、ラチェットのギア部分が金属製だったら耐久性も抜群のような気がしますが、コストの問題もあるでしょう。

別モデルでは金属製のものもあるようですが、今回はまた同じものを注文しました。

同じものをリピート購入

前と同じものなんで、特に書くこともないんですがマウント部が少し違います。
IMG_0127_20200915010409d8d.jpg

前のものはストレートタイプでハンドルの垂直上にマウントがありますが、新しいものはハンドルより少し前に出る形になります。ハンドルと目線の位置を考えると、この方がスマホは見やすくなると思います。ただ前のほうが若干ネジは回しやすいです。まあそんなに問題ではないです。
IMG_0124.jpg

旧、新と書いてますが2~3年前に買ったときも、このマウントのバリエーションはありました。今は前に使っていたストレートタイプのマウントは販売されてなさそうですね。

惜しい!UNICOの秒速脱着スマホホルダー

実はTiakiaを買うときに非常に迷った製品があります。それがUNICOの秒速着脱スマホルダーEVOです。
UNICOといえばバイクガイのブランドで出しているベルクロタイプの自転車用ライトホルダーが昔から人気で、私も今使っています。

で、そのUNICOのスマホホルダーの何がすごいって、その名の通り秒速でしかも片手で脱着できるところです。Tiakiaのスマホホルダーも脱着は素早く簡単にできるんですが、このUNICOの製品には及びません。


ポタリング中にハッとしたときにスマホで写真を撮ることも多いんですが、両手で爪を開いたり、閉じたり、ロックのラチェットを回したりするのをポタリング中に頻繁にやるのは億劫になってきます。しかしこのUNICOのものは片手で一瞬で脱着できる。これを見たときは「これだ!」と思ったんですが、色々調べると問題点もあるようです。

まず上1点、下2点の3点ロック。Tiakiaは4隅の4点なので安定感はTiakiaの方が上かな。でもまあこれは問題なく固定されるようなのでいいでしょう。

問題は下のロック部分。真ん中の充電部分は穴があるようですが、私が使っているP30liteのイヤホン部分が塞がれてしまいます。自転車乗るときにイヤホン使うなって言われそうですが、公園や河川敷などで周囲の音が聞こえるオープンタイプのイヤホンを使っています。この辺はまた記事のネタにでもします(笑)

それはまあ許せるとしても、致命的なのは画面下部からのスワイプがやりにくいということですね。製品画像をよく見るとスマホの画面下部にかぶさってるような感じです。これはなかなかつらいんじゃないでしょうか。値段的にも変わらないし、直前まで買う気満々でしたが、これで断念しました。惜しいなあ。構造的に難しいのかなあ。

ということでTiakiaをリピ買いしたわけですが、やっぱり安くて使いやすくて満足です。

 

気に入ったらシェア!

yamapota
この記事を書いた人: yamapota
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません