ゴープロや中華アクションカメラでの自転車動画はネックマウントで安定か

2021年01月06日 公開
グッズ・レビュー 0
中華アクションカメラ CT9500で自転車動画を撮るためにネックマウント買ってみました。すでにYouTubeの三色彩道の動画からネックマウントで撮っています。よかったら見てみてください。

IMG_0451_20210106003429c1c.jpg
PR

自転車の車載動画を撮るにはどこにカメラを付けるのが最適なのか

これは永遠のテーマのような気もします。画角が一番安定するのは直接自転車にマウントするのがいいんですが、路面の小刻みな振動を拾ってしまいます。自分的にはやはり体に付けるのが一番だと思います。ヘルメットに付けるのが一番安定感はあるような気がしますが、見た目があれなので却下(笑)

そうなるとネックマウントか、チェストハーネスになります。チェストハーネスは水平が取りやすいですが、街なかでは割と目立つし、着脱も面倒。ということで今回はネックマウントを買ってみました。結論から言うとリュックのベルトにクリップマウントで付けるより遥かに安定します。付けた感じも首にそんなに違和感はないですね。

私が買ったネックマウントはこちらです。モノによっては折れやすいものもあるようなので注意してください。

アクションカメラを取り付けたところ。
IMG_0450.jpg

スマホ用のマウントも付属しています。ボールペンの手書きのメッセージと折り鶴が入ってて驚きました(笑)
IMG_0458_20210106011725cc4.jpg

CT9500のネイキッドフレームでネックマウントを使う

CT9500をはじめ、多くの中華アクションカメラは防水ケースに入れないとマウントできないと思われます。それだと音が入りにくかったり、熱暴走のリスクやスイッチが押しにくいなどの問題があります。

防水ケースに入れないとゴープロマウントの爪がない。
IMG_0452.jpg

ネイキッドフレームも付属してるんですが、三脚ネジしかないのでゴープロマウントにはアダプターが必要になります。ということでネットで探して買ってみました。

Amazonだと、この辺りが人気ですかね。大体1000円前後です。楽天だとこちらで800円くらい。わたしはこちらで500円ほどで購入しました。若干爪の幅が薄い感じですが、ネジをきつめに締めれば問題ありません。

三脚ネジからゴープロマウントに変換するアダプター
IMG_0454_20210106003434a99.jpg

ネイキッドフレームは三脚ネジの穴しかないので、アタプターが必要。付属してほしいよね。
IMG_0453_20210106003433378.jpg

CT9500をネイキッドフレームでマウント。変換アダプターで防水ケース無しで使用できます。
IMG_0456_20210106003436391.jpg

これで音声も入りやすくなるし、何よりスイッチが押しやすい。熱暴走のリスクもなくなるでしょう。上下逆さになりますが、CT9500は撮影・メニュー反転モードがあるので大丈夫です。

装着例。防水ケースがないほうが目立ちにくくて良いです。冬は首周りが太くなって若干付けにくくなります。
IMG_20210105_232412.jpg

ネックマウントだとクリップでリュックに付けるより上下左右の傾きが格段に少なくなります。走ってるときにも安定感がありますね。ただやっぱりモニターの確認ができないので、Wi-Fi飛ばしてスマホで映像確認するのが確実ですかね。わたしはバッテリーが減るのが嫌でぶっつけで撮っていつも失敗してますが・・・

ということで、お気楽に自転車動画撮るには中華アクションカメラは安くて楽しいです。今なら大幅割引や2000円オフのクーポンがついてたりしますよ!

関連記事

  

気に入ったらシェア!

yama
この記事を書いた人: yama
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません