氷瀑を求めて金剛山登頂(ツツジオ谷ルート)その1

2011年02月06日 公開
南大阪・泉州 4
IMG_1246.jpg

平地サイクリングでは負荷が軽すぎて運動不足の解消にはなりますが、体力作りにはなりません。
心身ともに鍛えるためには登山が一番です。
ということでTwitterにも書いたとおり、初めてのツツジオ谷ルートで金剛山を登頂してきました。
このルートは上級者向きってことで危険な場所もあり結構過酷でした。
岩場をロープを伝ってファイトー!!いっぱーつ!!みたいな感じでよじ登ったり、一歩間違えれば谷底だったり・・・
新雪の上を歩いて30センチくらいずぼっとはまって滑落しそうになったり(^^;)
でもそれが最高に楽しい!!
この季節は苦手な虫もいないし、金剛山は大阪で霧氷や氷瀑が気軽に見られる場所でもありますね。
レポートはHPでしようかと思ったんですが、面倒くさいんでこっちでやっちゃいます。
PR

登山口の駐車場に車を止めて出発です。
大阪からたった1時間で雪景色です。
写真はまっすぐ行くのではなくではなく右の小道を入っていきます。
IMG_1203_20110205234613.jpg



序盤ですがもうロープが出てきます。
写真はまだ崖っぷちではないですが、本当に危険な箇所もあります。
そういう場所では余裕がないので写真は撮ってません。
IMG_1206.jpg



ツツジオ谷ルートは沢登りのコースです。
写真では見にくいですが水が流れています。
この先、堰堤や滝がいくつか出現してきます。
IMG_1224.jpg



写真ではわかりにくいけど結構な登り。
ここもつるっと滑ると危険です。
IMG_1226.jpg



まだまだ序盤だけど、すでに半分凍ってる滝がありました。
IMG_1218.jpg



だんだんと雪深くなっていきます。
IMG_1230.jpg



汗だくになりながら登っていくと、なにやら見えてきました。
IMG_1257.jpg



一の滝です。
写真だと小さく見えますが、迫力ありました。
この日は残念ながら霧氷はありませんでしたが、目的は氷瀑だったので感動です。
IMG_1254.jpg



わかりにくいですが、外側がドーム状の氷になっていて、内部には滝の水が流れています。
自然の芸術作品ですね。
IMG_1245.jpg


この先道を間違えたりしてえらいことになったんですが、疲れたんでまた次回にでも。

気に入ったらシェア!

yamapota
この記事を書いた人: yamapota
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント4件

コメントはまだありません

kincyan

結構恐そうなルートですね。自動車で麓までいけるというのも魅力です。
金剛山は小学校の遠足以来行ったことがありませんが、小学生としては
夏の登山も大変だ多様な気がします^^;)。

2011年02月06日 (日) 04:51

時計好き

yamaさん本格的登山者・・・

先週だか行ってきましたけど、ロープエイで上がって、星と自然のミュージアムの広場をうろちょろして、ダイヤモンドトレール・・・何か怖そう!と帰ってきた私です(^^;

2011年02月06日 (日) 08:46

yama_pota

kincyanさん

一歩間違えれば遭難するかもしれないみたいなコースでした。
でも自然が楽しめる楽しいコースでもあります。
なんといっても1000メートル級の山ですから小学生だと大変だったかもしれないですね。

yama_pota

時計好きさん

いやいや、まだ初心者に毛が生えたようなもんです(^^;)
4年ほど前に始めて千早本道から登ったときは、わたしもそんな感じでしたよ。
ロープウェイもいいんですが、時計好きさんも一度本道から登られてみてはどうでしょう?
達成感と昼飯の美味さは格別ですよ。

2011年02月06日 (日) 13:39