クリスマス・イブ

2009年12月26日 公開
大阪市内 2
IMG_4249.jpg

クリスマス・イブの夜。
なんばパークスでは聖歌隊によるコンサートが行われている。
こんな日にイルミネーションツリーなんかを一眼レフで撮ってたりすると、カップル達の格好の餌食になる。
もちろん快く写真を撮ってあげるんだけどね。


クリスマス・イブはいつから「恋人達の日」になった?
PR
ふと気になっていろいろ調べてると、同じ疑問を持っている人は少なからずいるようで、Yahoo!知恵袋にも同じ質問があったりします。その答えによれば、大きな影響を与えたのは山下達郎の「クリスマス・イブ」が流れるあのJR東海のCMらしいではありませんか。そのあとドラマ「クリスマス・イブ」や稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」など、どんどん商業ベースに乗って定着したということだろうか。確かに信憑性があるような気もする。

いずれにしても「イブの夜はカップルで過ごすもの」という今の風潮は、独り身の人たちにとっていい迷惑以外の何者でもないだろうけど^^

でも今朝のめざましテレビを見ていると、彼氏がいても友達同士でパーティーをする女子が増えてるとか?
テレビのことなのでほんとかどうかわからないけど、時代によってまた変わっていくのかもしれませんね。

気に入ったらシェア!

yamapota
この記事を書いた人: yamapota
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント2件

コメントはまだありません

kincyan

イブの日にも私の周囲の若い連中は、夜遅くまで働いておりました。(合掌、ご苦労様)
結構、恋人が居ない連中も多いみたいで、むしろ家族持ち連中は、そそくさと家に帰りました。私はというと、28日に休むために、遅くまで働いておりましたが、帰宅するとショートケーキが待っていました。v-274

2009年12月27日 (日) 08:05

yama

kincyanさん

お疲れ様です(^^;)
街はカップルだらけでしたが、平日だし現実には仕事だったりする人のほうが多いかもしれませんね。
ケーキがあるだけでも十分クリスマスムードは味わえたんじゃないでしょうか。