【軽い、安い】おすすめのクロスバイク用定番タイヤ パナレーサー・コンフィ(700x28C)レビュー

2019年08月20日 公開
グッズ・レビュー 0
IMG_6595.jpg
ミストラルのタイヤを交換しました。今まで使ってたのはパナレーサーのパセラブラックス(700x28C)。
以前変えたときの記事はこちら。 

パセラは安いし、丈夫で濡れた路面も安心感がありコスパは最高でした。3年・7000キロほど走ったと思います。よく走りましたね。パンクは一度も無し。かなりいいタイヤです。

最近ミストラルに乗っていると軽い空走感やカーブで路面によっては滑るような感じがあり、流石に3年も経つとひび割れも出てきてこれはもう限界だなということでタイヤ交換することにしました。

クロスバイクのタイヤの候補

新しいタイヤの候補ですが、ミストラルの使用用途がほぼ日常の足として使っているので、もちろんエントリークラスのコスパ重視モデルになります。そこで1本2000~3000円前後で候補をあげると 

1.コンチネンタル・ウルトラスポーツ3(28Cまたは25C)Amazonベストセラー
2.パナレーサー・コンフィ(28C)
3.パナレーサー・カテゴリーS2(26C)
4.パナレーサー・クローザープラス(25C)
5.パナレーサー・パセラブラックス(28C) 

 だいたいこんな感じで考えました。まずタイヤの太さですが、やはりエントリークラスのクロスバイクの用途、ソフトな乗り心地や街乗りで歩道の段差もガンガン乗り越えることを考えるとやはり28Cがベストかなと。あとタイヤサイズを変えるとチューブも交換になるので出費もかかるなと(笑) 

25Cにしてギア一段分くらい軽くなったらそれはそれで嬉しいんですが、やはりミストラルには合わないかなあ。ジャイアントのエスケープR3なんか標準タイヤが30Cになりましたからね。

ちなみにクローザープラスはいかにもレース向き、軽量化重視って感じで実際触った感じはペラペラ。カテゴリーSはしっかりした肉厚でパンクに強そうって感じでしたね。

ということで、28Cで行くとコンチネンタルのウルスポかパナのコンフィかってことになるんですが、パナレーサー好きなボクは迷わずコンフィを選択。パセラはワイヤービードでやや重いですが、コンフィはこの価格でケブラービードで軽量です。しかも日本製。もうこれしかないでしょ!

タイヤの交換

今まで使ってたパセラブラックス。接地面がツルツルでひび割れもひどいIMG_6578_20190819041005690.jpg 

 サイドはまだまだ行けそうなんですけどね。グリップもいかにも効きそうでしょ?IMG_6575_20190819041013edd.jpg 

 「クロスバイク用タイヤ」を謳っているパナレーサー・コンフィ。「日本製」の文字が眩しい。
IMG_6580_20190819041010f48.jpg 

 コンフィの空気圧仕様。KEEP INFLATED 735kPa(7.4bar 105P.S.I)
これは最大値です。これ以上空気を入れ過ぎると走行中に外れてバーストする危険があります。(何度か経験あり)80PSIから100PSIで調整します。90PSIがベストかな。IMG_6583.jpg 

 コンフィとパセラブラックスの比較。同じ28Cとは思えないくらい、太さが違う。アマゾンレビューにもあったように、実測で28ミリより細いかもしれない。コンフィの細さのほうがクロスバイクには似合います。パセラのようなタイヤの溝は無いので、排水性は劣ります。通勤通学などで雨の日も走るならパセラのほうが良さそうです。IMG_6585_20190819041012ad9.jpg

「Made in Japan」を見よ! タイヤのロゴは自転車の右側面になるように、バルブの位置と合わせるのが定番。グリーンのロゴがキレイです。このタイヤは回転方向の指定はありません。特に気にしないでいいので交換も楽です。
IMG_6625.jpg 

 初期タイヤのKENDAやパセラ履いてるときよりタイヤが細く見えて、見た目がスッキリしたミストラル君。いかにも軽快感がありそうです。
IMG_6609_201908202318326c1.jpg 

コンフィの走行感

実際に走った感想ですが、パセラに比べて若干軽くなったような気がします。ギア1段分とまでは言いませんが、半段分くらい?重量が軽くなり、タイヤ幅も見た感じ細くなったので、まあ当たり前といえば当たり前。パセラの重量が500gで、コンフィが290g。2つ合わせて420gの軽量化です。空気圧は6.5気圧(90PSI)くらいで運用してますが、グリップも普通、乗り心地も悪くないです。もちろん新品タイヤのゴムの柔らかさもあるとは思いますが。MAXの7.4気圧まで上げると硬めの乗り心地にはなりますが、もう少し軽快感も上がると思います。 

一言でまとめると安くて軽くて普通に走れますという印象。なかなかいい感じです。パナレーサーのクロスバイク用タイヤの定番って感じですね。あとは耐久性ですが、1年くらい持てばまあいいでしょう。パセラはかなり耐久性がありましたが、コンフィはどうでしょうか。また追ってレビューしたいと思います。

2020/04/26追記
8ヶ月乗った感想を素直に書いてみます。
基本は屋根付きの屋外保管、時々自転車カバーを掛ける程度で週に50~100キロほど走りますが(正確な走行距離がわからなくてすいません^^;)、耐久性は全く問題ありません。溝のすり減りもほぼありません。

日々の買い物や週末のツーリングをしても、8ヶ月でまだまだ余裕。2年はいけそう?IMG_8990_202004261754083d0.jpg

乗り心地ですが、特に問題はないものの、ちょっと細くて頼りない印象はあります。あくまで前のパセラと比較しての印象です。多分そのうち慣れてきます。走行の軽さを求めて空気圧を上限近くまで入れると振動が伝わって疲れるし、曲がるときに側溝の金属製の蓋でツルッと滑ることもありました。もちろん空気圧を下げれば乗り心地もソフトになるし、グリップも効くようになります。タイヤも長持ちします。

ただ個人的には前のパセラブラックスがもう少し太めでグリップもよく効いたので安定感はあったように思います。

ロードバイクもタイヤが太くなる傾向がありますが、クロスバイクも街乗りという意味では太めのほうが乗り心地はいいし、逆に楽に長い距離を走れるような気がします。

コンフィなら32Cでもいいくらいだとは思いますが、ミストラルのホイール、シマノのWH-R501は推奨タイヤ幅が19C-28Cなので微妙なところです。

とはいえ細い分やはり軽快感もあり、普通に不満なく乗っています。軽量でコスパに優れるいいタイヤであるのは間違いありません。文句なしにクロスバイクに最適な定番タイヤだと思います。

2021/06/22 追記
ひび割れが見え始めました。やはり2年くらいで交換ですかね。頑張ればあと半年~1年くらいはイケる気もしますが・・・。細身のタイヤにも慣れてしまい、これより太くなると重い感じがするかもしれません。

      

気に入ったらシェア!

こんな記事も読まれています
yama
この記事を書いた人: yama
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません