IXYが戻ってきた

2008年02月11日 公開
その他 0
例のソニー製CCDの不具合とやらでデジカメメーカー各社がリコールした事件があったのだが
うちのIXY DIGITAL 400もその不具合が出るようになり、メーカーに無償修理してもらった。
土曜日に電話して月曜に宅配業者が引き取りにきて、金曜には大分の修理センターから自宅に届いた。
けっこう迅速な対応だ。
2003年に発売されたデジカメなのでもう古いのだが、それでも無償修理に応じてくれるのはありがたい。(送料も無料)
こういうカスタマサービスがしっかりしていると非常に印象が良いし、またこのメーカーの製品を買おうという気にさせる。
ただ、リコールしていることを知らずに壊れたと思って買い換えたユーザーもけっこういるんではないだろうか・・・

このカメラの発売当時の価格は6万円前後でけっこう高く、CCDは1/1.8インチの400万画素。
この大きさのCCDを搭載しているのは、今ではGR DIGITALなどのハイエンド機だ。
生成する絵は変に輪郭強調することもなく、等倍で見てもノイズレスで画質も良い。
液晶は小さいし、本体の厚みはあるし、起動は遅いし、顔認識も手ブレ補正もないけれど、まだまだこのカメラを使っていこうと思う。

どうも今時のデジカメは無理に高画素化しているような気がしてならないのだが、最近は一眼レフの世界でも画素数競争が始まってるような気がする。
画質だけはぜひとも落とさないでいただきたいものだ。
PR

気に入ったらシェア!

yamapota
この記事を書いた人: yamapota
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません