ケータイ回顧録

2007年07月23日 公開
その他 0
ネットで偶然に見つけたとても懐かしい記事。
前の記事へのリンクをたどってもその当時のことが書かれていて面白い。

この記事はおそらく98年に書かれたものだけど、このときはまだiモードがないころでウェブはもちろん
見ることができないし、メールといえば端末同士のショートメール(10円メール)だった。
端末自体の文字表示能力もたいしたことがなくて、ほとんど通話専用端末であったように思う。

それがJ-PHONE(現・ソフトバンク)ではじめてPCからのe-mailを受信できるということをまさにこの記事を見て知り、
自分にとって初めての携帯電話であるJ-PHONEを購入するきっかけとなりました。
さらにe-mailは関西では標準で使えるサービスでした。
これを会社で自慢しまくった記憶があります(笑)

このあとドコモのiモードが登場したとき、また衝撃を受ける。
e-mailはもちろん、ネット接続で銀行振込などのサービスができるというのである。
そしてN502itという当時唯一の二つ折りでしかも初のカラーという端末が出た時、くらくらっときてドコモに乗り換えてしまいました。

そしてまたしばらくして今度は電磁波の少なさと当時は携帯ではつながりにくかった地下でも
つながり、通話が高音質なDDIポケット(現・ウィルコム)のH゛(エッヂ)というPHSに乗り換える。
さらに今度はデザインや通信速度など先進性が光るauに乗り換えることになる。

MNPもないのに全キャリアに乗り換えたことになりますね(笑)
今では当たり前のようにメールが飛び交い、通話をしないという人が4割もいるという。
ゲームもできるし写真も撮れるし電子決済もできるしテレビも見れる。
技術の進歩は恐ろしい・・・

気に入ったらシェア!

yamapota
この記事を書いた人: yamapota
クロスバイクとカメラとブログを始めて早16年。
まだまだ自転車散歩で街を再発見していきます。
関連記事

コメント0件

コメントはまだありません